重要任務に就く心得

岩手県の看護師求人にはオペナースの募集がある。
オペナースは、オペ室を担当し、医師のサポートや患者さんの様子を見守る仕事である。残業のある分野もあれば、交替で残業を極力避けてくれる病院もある。集中力が切れることがイチバンの致命傷となるため、常に緊張が走る現場だといえる。そして難しい分野だけに、花形の部署とも言える。

オペナースの心得を考えてみた。
手術中に患者さんの様態が急変することもある。そんな時あわててしまい身動きが取れなくなってしまうようではオペナースは務まらない。どんなときにも臨機応変に、冷静に判断できる能力も必要。手術室内での看護記録を記入するのもオペ室看護師の役目。どんなことがあっても冷静に正確に務めることが重要。

こうしてみると看護師の仕事の中でも非常に過酷で辛い仕事のようにも感じるが、オペによって命の神秘を感じることが出来たり、オペが成功した後の患者さんの安心した顔を見られるといったやりがいの高い仕事。この達成感は、他では味わえないという看護師もいる。

ただし、オペという緊迫した中での仕事になるので、機敏さと判断力が求められる。また、長い手術になると体力や精神力との勝負である。患者さんと触れ合う機会は病棟の看護師に比べると極端に少ないので、患者さんとのふれあいを求めて看護師になった人たちから見れば若干寂しい仕事と考えられる。体力や精神力、臨機応変な能力が必要とされることから、男性看護師の活躍できる仕事とも言えるだろう。男性看護師の活躍は【http://www.voxinternet.org/】でも確認できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です